シーズヒーターの主な概要

使いやすさと注意点

シーズヒーターとは、カーボンヒーターと似ていて遠赤外線ヒーターの一種です。シーズヒーターはニクロム線を金属管に入れて絶縁体を充填した発熱体で暖めるといった方法で、部屋の中を温めると言うよりは狭い範囲を暖めるのに適しています。それではこのシーズヒーターのメリットとデメリットについて紹介していきます。シーズヒーターのメリットは先ほど記述した通り、狭い範囲を暖めるのに適していて、すぐに発熱してくれるので暖まるまでの時間がすぐですので、点火するまでに時間がかかるファンヒーターよりはすぐに暖をとれます。また、電気代が節約できる点です。ファンヒーターの場合は灯油も必要でプラス電気代で結構な費用がかかります。シーズヒーターの場合は灯油が必要なく、電気代のみのコストとなります。次にデメリットについてです。シーズヒーターに限ったことではありませんが、火災による危険性です。シーズヒーターの近くは高い熱が発生します。そのため、近くに衣服などを放置していて火災になってしまうというトラブルの例もあります。シーズヒーターは安く、すぐに暖まるので人気ですが、火災の原因になることもあります。そのため、使用をする際は最善の注意を払ってください。

シーズヒーターが活躍するシーン

シーズヒーターとは、シーズ(鞘)を被ったヒーターのことを言います。シーズの中に電熱線をコイル状にして収納し、その電熱線に電気を流すことによって発熱する仕組みです。シーズの中には絶縁体の粉末を高密度で封入しているため、基本的に感電してしまう危険性はありません。電熱線に流れる電気エネルギーが、全て熱エネルギーに変換されるので、効率のいい発熱ができます。また、温度コントロールに対する制御性が良く、場面に合った形に加工することも容易ですし、商用電源をそのまま使うこともできます。加えて、様々な液体や雰囲気、真空空間にも使うことが出来るので、使い勝手の良さもシーズヒーターの特徴といえます。コスト的な面では、構造が非常に簡単だということもあり、安価な価格で調達することができます。続いて、主にシーズヒーターが使われている機器ですが、身近にある電化製品で言えば、電気ストーブや温冷蔵庫、調理器具、コーヒーサーバーなどがあり、工場などでは、部品の乾燥工程で大型のシーズヒーターが使われることがあります。このように、多岐にわたる用途で使うことができるシーズヒーターは、私達の生活の中に溶け込み、色々な場所で活躍しています。

お客様の希望に沿った最適なヒーターをご提案します。 お客様の用途に合わせて、ヒーター1本から専用設計し、製作致します。少量多品種生産が得意です。 弊社独自の技術。表面積が広く、熱効率の良い平形シーズヒーター「スーパーフラットヒーター」をご覧ください。 「過熱水蒸気実験室」でサンプルテストが可能です。 特許取得品多数、他社にはない特徴のあるヒーターです。 シーズヒーターなら新熱工業におまかせ

見所一覧

カレンダー

2017年12月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ニュース

エコノミーなタイプを選択

熱効率の良いタイプ シーズヒーターの特徴についてご紹介します。よく似たタイプにカーボンヒーター、グラファイ…

もっと知ろう

シーズヒーターならではの特徴

非常に長寿命なヒーター 電気ヒーターの寿命について考えたことはあるでしょうか。多くの方はそんなこと考えたこ…

もっと知ろう

タフで強い暖房器具

水に強い設計が心強い 皆さんは、シーズヒーターをご存知でしょうか?シーズヒーターというのは、電気ヒーターの…

もっと知ろう

効果的な利用について紹介

優れた暖房器具 ヒーターと一言で言っても様々なものがあります。意外と人々の生活においてヒーターは活躍してい…

もっと知ろう