エコノミーなタイプを選択

熱効率の良いタイプ

シーズヒーターの特徴についてご紹介します。よく似たタイプにカーボンヒーター、グラファイトヒーターがありますので、それらと比較してみましょう。カーボンヒーターは炭素繊維を発熱体としています。遠赤外線の放射量が多く、身体の芯まで温まります。そのため、従来の電気ストーブと比べると低いワット数でも暖かく感じますので電気代の節約になります。グラファイトヒーターはカーボンヒーターの一種なのですが黒鉛を発熱体としているものを言います。
遠赤外線の放射量もさらに多く、立ち上がりも早いです。シーズヒーターはニクロム線を絶縁体で包み、それをさらに金属製のさやで覆ったものを発熱体としています。この金属管にコーティングしているものの違いで、メーカーによってコアヒート、メタルヒート、セラムヒートなどの商品があります。
従来の電気ストーブに使われている石英管は衝撃に弱く割れることがありますが、シーズヒーターは発熱体が金属管に覆われているため破損しにくいです。遠赤外線の放射量は電気ストーブの中で最も多いですが、立ち上がりはカーボンヒーターに比べると少し遅いです。スポット暖房に重宝される電気ストーブですが、比較的電気代がかかるのがデメリット。できるだけ熱効率の良いヒーターを使って節約したいものです。

電気代の節約を考える

寒くなる冬の季節にお部屋を暖める暖房器具は必須になりますが、お部屋を暖める時にファンヒーターか、遠赤外線ヒーターか、オイルヒーターかで悩みますよね。丈夫さと電気代を重視したいのなら、シーズヒーターがおすすめになりますシーズヒーターの構造により、壊れにくいのが特徴で、電気ヒーターの中では一番寿命が強いと言われています。普通に使っていれば10年以上も持つと言われているほどの丈夫さです。
これはとても嬉しいですね。電気ストーブの中でもハロゲンヒーターは、明るすぎて苦手と言う人もいますが、シーズヒーターは、明るくならないので、寝室に置いても使いやすいと言われます。シーズヒーターとカーボンヒーターは同じ電気ストーブですが、発熱体にちがいがあります。
カーボンヒーターの発熱体には炭素を使っていて、温まるのが早いのが特徴です。シーズヒーターは、発熱体にニクロム線が使われていて、温まるのには5分ぐらいかかりますが、暖かいです。シーズヒーターは、ワットの数でも違いますが、1時間でだいたい10~30円で、エコモードで、温度は調節ができるので、電気代を抑えたい人は、温度を上手に調整して使うと電気代の節約になります。

見所一覧

カレンダー

2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ニュース

エコノミーなタイプを選択

熱効率の良いタイプ シーズヒーターの特徴についてご紹介します。よく似たタイプにカーボンヒーター、グラファイ…

もっと知ろう

シーズヒーターならではの特徴

非常に長寿命なヒーター 電気ヒーターの寿命について考えたことはあるでしょうか。多くの方はそんなこと考えたこ…

もっと知ろう

タフで強い暖房器具

水に強い設計が心強い 皆さんは、シーズヒーターをご存知でしょうか?シーズヒーターというのは、電気ヒーターの…

もっと知ろう

効果的な利用について紹介

優れた暖房器具 ヒーターと一言で言っても様々なものがあります。意外と人々の生活においてヒーターは活躍してい…

もっと知ろう