効果的な利用について紹介

優れた暖房器具

ヒーターと一言で言っても様々なものがあります。意外と人々の生活においてヒーターは活躍していますが、そのような中でシーズヒーターについてご存知という方はどれくらいおられるでしょうか。シーズヒーターとは電気式ヒーターの一種で、他の遠赤外線方式同様、ニクロム線に電気を通したときに発生する発熱効果で室内を温めるものです。では、単にシーズヒーターという名称がついているだけで、他の電気ヒーターと何ら変わりないものなのか、と思った方も多いはずです。しかし、シーズヒーターには他とは少し違うある特徴を持っています。その特徴について少し掘り下げてみましょう。シーズヒーター最大の特徴は、発熱体であるニクロム線が鞘で覆われているという点です。鞘は英名でシーズであり、このヒーターの名前の由来でもあります。では、シーズに覆われていると具体的に何があるのでしょうか。通常、電気ヒーターの熱源であるニクロム線は、電気がそのまま通っているため触ると熱いだけでなく、感電する危険もあります。ですから、ストーブのような置き型の暖房のようにしかできませんが、その点シーズで覆われているシーズヒータならば感電の危険はありませんし、暖房機器として様々な応用が利くのです。このように、シーズという構造を持っていることから優れた応用性を生み出していることが、シーズヒータの最たる特徴と言っても良いでしょう。

用途の幅が豊富

ヒーターと聞くと、思い浮かぶのは寒い時期に使う石油ファンヒーターでしょうか。それとも電気ストーブでしょうか。多くの方はヒーターと聞くと、体を温めるための道具として思い浮かぶでしょう。しかし、ヒーターとはそれだけではないのです。例えば、給湯ポットと挙げると、あれは電気で動いているものですが、お湯を温めるためにヒーターを用いています。このように、ヒーターとは様々なところで使われているのです。そんな中で、シーズヒーターという電気式のヒーターがありますが、これは簡単に説明すると、遠赤外線式の電気ストーブの発熱体に使われるニクロム線を鞘で包んだものです。こちらも他のヒーター同様、様々なところで使われていますが、シーズヒーターの特徴でもあるニクロム線が鞘で包まれていることによって、他の電気式ヒーターにはない独自の用途があります。室内を温めるために使われることもありますが、最もシーズヒーターの特徴を生かした用途は、水にヒーターを入れ、直接水温を上げるといった使い方です。これは熱帯魚の飼育等で便利に使うことができます。これができる理由は、まさにニクロム線が鞘で包まれていることが理由で、これによって感電を防ぐと同時に、水によるショートを防いでいるのです。このように、シーズヒーターは様々な場面で使うことができることから、最も用途の幅が広いヒーターだとも言われています。

見所一覧

カレンダー

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ニュース

エコノミーなタイプを選択

熱効率の良いタイプ シーズヒーターの特徴についてご紹介します。よく似たタイプにカーボンヒーター、グラファイ…

もっと知ろう

シーズヒーターならではの特徴

非常に長寿命なヒーター 電気ヒーターの寿命について考えたことはあるでしょうか。多くの方はそんなこと考えたこ…

もっと知ろう

タフで強い暖房器具

水に強い設計が心強い 皆さんは、シーズヒーターをご存知でしょうか?シーズヒーターというのは、電気ヒーターの…

もっと知ろう

効果的な利用について紹介

優れた暖房器具 ヒーターと一言で言っても様々なものがあります。意外と人々の生活においてヒーターは活躍してい…

もっと知ろう