タフで強い暖房器具

水に強い設計が心強い

皆さんは、シーズヒーターをご存知でしょうか?シーズヒーターというのは、電気ヒーターの一種なのですが、発熱体を絶縁体で包み、金属パイプの中に入れて作られたもので普通のヒーターよりも寿命が長く、長持ちするのが一番の特徴になります。作成には、様々な行程が必要になってくるためコスト的には若干高くなってしまいますが、シーズヒーターは一度購入すれば、10年以上使用することが出来ますので、長い目で見れば、お得な買い物になると思います。同じ、電気ヒーターの中には、電気ストーブやハロゲンヒーターなどの種類がありますがシーズヒーターは他の電気ストーブやハロゲンヒーターとは違い、低電力の場合は、赤く光らないのが特徴です。赤く光っていないと暖かくないのではと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ちゃんと暖かさを感じることができます。逆に、赤く光らないということは可視光線が少なく、遠赤外線放射効率が高いとも言えるでしょう。シーズヒーターは絶縁体や金属パイプで包んでいることもあり、台所などの水場に置いていて、水がかかっても故障することが無いので安心です。皆さんも、電気ヒーターを選ぶ際は、シーズヒーターも検討してみて下さい。

劣化しにくく強固な構造

電気ヒーターと言えば、オレンジ色の光を放つ、棒状で縦長のものを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。確かに、一般家庭で最も普及している電気ヒーターは、熱源であるニクロム線が発光するタイプのもので、非常に馴染みのあるものでしょう。けれども、電気ヒーターとはオレンジ色に光るものだけではないのです。電気ヒーターの一種であるシーズヒーターは、他のヒーターと同等の出力を持っていますが、オレンジ色に光ることはありません。なぜかと言えば、ニクロム線の部分が絶縁性のある鞘、いわゆるシーズで覆われているからです。光だけシーズによって遮られ、熱だけが伝わって人や物を暖めます。これは、安全性の観点からも高く評価されているシーズヒータ一番の特徴なのですが、もう一つ忘れてはならない特徴があります。それは、加工がしやすいという点です。通常のニクロム線を用いたヒーターは、曲げ加工などはあまり適さないと言われています。その理由は、線同士の干渉によるショートの危険性や、強度的な理由などがあります。シーズヒーターではニクロム線がたとえ別の線に触れてしまったとしても、ショートすることはありませんから、比較的複雑な形でも加工して実現することが可能です。また、ニクロム線自体は空気に触れることがないので、劣化しにくく、構造上強固であることも加工がしやすいのです。

見所一覧

カレンダー

2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ニュース

エコノミーなタイプを選択

熱効率の良いタイプ シーズヒーターの特徴についてご紹介します。よく似たタイプにカーボンヒーター、グラファイ…

もっと知ろう

シーズヒーターならではの特徴

非常に長寿命なヒーター 電気ヒーターの寿命について考えたことはあるでしょうか。多くの方はそんなこと考えたこ…

もっと知ろう

タフで強い暖房器具

水に強い設計が心強い 皆さんは、シーズヒーターをご存知でしょうか?シーズヒーターというのは、電気ヒーターの…

もっと知ろう

効果的な利用について紹介

優れた暖房器具 ヒーターと一言で言っても様々なものがあります。意外と人々の生活においてヒーターは活躍してい…

もっと知ろう